ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Category [は行の映画 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ボルベール 〈帰郷〉

もう一度、人生を愛するために・・・。久しぶりのペドロ・アルモドバル作品。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』 に続く最終章『ボルベール〈帰郷〉』。両親を火事でなくし、故郷ラ・マンチャにひとり残る最愛の伯母を心配しつつ、一人娘と失業中の夫を懸命に支えるライムンダ。そんな彼女に、娘パウラの起こしたある事件が降りかかります。必死にそれを隠そうとする最中、更に伯母が亡くなったという知ら...

フランシスコの2人の息子

父がくれた音楽が僕らの夢の始まりだったブラジルで500万人以上が涙したという『フランシスコの2人の息子』を観て来ました。やっと、神戸で公開された~!!(>_...

ブラックブック

苦しみに終わりはない・・・『ブラックブック』とは、誰も信用できない時代で、唯一真実の書かれた黒い手帳。1944年、ナチスドイツ占領下のオランダ。ユダヤ人歌手のラヘルは、ドイツ軍に隠れ家を爆撃され、ファン・ハインという男の手引きによって、家族とともに南へ逃げようとす途中でナチスに見つかり、家族を目の前で殺されてしまいます。レジスタンスに助けられ、髪を染めて「エリス」と名前を変えて生まれ変わります。スパイ...

フラガール

人生には降りられない舞台がある日本アカデミー賞を始め、数々の賞を総なめにした『フラガール』。観たのはかなり前なので、今更ですが(^-^;映画の前に、あるテレビ番組で「常磐ハワイアンセンター」とフラダンスを習った少女たちが紹介され、期待を持って観ました。評判通りいい映画でした!地味な映画なはずなのに、口コミでロングランになった映画、もう観ましたか?映画を知らなくても、実話の方を知ってる方もいることで...

パリ、ジュテーム

『パリ、ジュテーム』というタイトルからして、もっと甘々で「おフランス」な映画を期待してたのに、意外でした・・・(^-^;世界中の旅人を魅了して止まないパリ。パリにはいわゆるパリジャンやパリジェンヌだけでなく、いろんな国の人々が集う街。それぞれの街角で、それぞれが見せる、それぞれの形の「小さな愛の物語」。18人の監督が撮るオムニバス形式の映画です。ちょっと苦手なこの手の映画。やっぱり懸念したとおり、面白...

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。