ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Category [あ行の映画 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた

『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』をちょっと前に観に行きました。ジェンナはパイつくりの天才。彼女の夢はいつかこのパイが人生を変えてくれること。素敵な出会いに心ときめいたとき、辛い現実に心が乱されたとき、ヒロインのジェンナは心を込めてパイを焼く。ジェンナの心は、パイを焼く間だけ自由な世界にはばたき、幸福感に包まれる。(@オフシャルサイトより)冒頭から甘いもの好きにはたまらない(嫌いな人にも反...

あるスキャンダルの覚え書き

少し前に観た『あるスキャンダルの覚え書き』。ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットという二人のオスカー女優の見事な演技に慄きました。イギリスのブッカー賞の2003年最終候補に残り、イギリスとアメリカ両方のベストセラー・リストに載ったゾーイ・ヘラーの小説が原作。新任教師のシーバと、彼女とある男子生徒のスキャンダルを目撃したバーバラ。ストーリーも衝撃的ながら、もっとショックなのはバーバラの本性。厳しいベ...

あなたになら言える秘密のこと

『死ぬまでにしたい10のこと』のイサベル・コイシェ監督と、主演のサラ・ポーリーが、再び素晴らしい映画を作り上げました。それが『あなたになら言える秘密のこと』です。誰にも打ち明けられない秘密を抱えたひとりの女性が、ある出会いをきっかけに人生の希望を持ち直す物語。前作同様、とても深い悲しみに満ちたストーリーでしたが、どんな困難にあいながらも前を向く、女性の芯の強さに魅せられる作品でもあります。工場で淡々...

美しい人

『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシアの最新作『美しい人』を観ました。この監督の作品は、オムニバスばかり観てる気もしますが、今回もそうでした。何かの記事で、彼の父親がノーベル賞作家のガルシア・マルケスと知り、驚いてます。”Nine lives”の原題通り9人の女性達の、それぞれのドラマです。10分ずつ、ワンカットで撮られたといいますが、虚飾がなく、素のままの本音が見られて、リアリティがありました。淡々と...

美しき運命の傷痕

『美しき運命の傷痕』は、『トリコロール』三部作のキェシロフスキの遺稿を、『ノーマンズランド』のダニス・タノヴィッチが映像化した作品、原題は「地獄」と言う意味だそうですが・・・三姉妹とその母親の見た地獄。実はこれも三部作だそうで、そのうちのひとつが『ヘヴン』という映画です。これもとても静かで美しい映画でした。幼い頃に、ある事件がきっかけで父親を失い、深く傷ついた三姉妹は大人になってなおそれぞれの苦悩...

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。