ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋とスフレと娘と私(CS放送)

先日、何の気なしに観たこの作品が結構面白くてよかった~。
ダイアン・キートン演じる母親が、唯一結婚していない三姉妹の末っ子を案じて、花婿募集のweb広告を出したことに始まるコメディ。
母親ダフネの職業はパティシエール。末っ子ミリーはケータリングのオーナーシェフ。
美味しそうな料理、個性的なウェディングケーキの数々や、ファッションといった見所もあって楽しめました。

早くに夫を亡くして女でひとつで娘3人を育ててきたダフネは、少々(?)度が過ぎた心配性でおせっかいな母親。
「私の言うことは絶対!」
のセリフがお得意のママは、できないネットを使って、ミリーには内緒で彼女の結婚相手を見つけようと広告を出して面接を繰り返し、やっと見つけた建築家をミリーに近づけようとします。

「ダメな男にばかり引っかかる彼女には、ママが選んだ相手が一番に決まってる!!」
一見、ダフネの計画は成功したかに見えますが、精神科医の長女に広告のことがバレてしまい、更には「ママとのお見合い」を伺ってたミュージシャンもミリーに近づいて、ミリーは二人の男性の間で揺れ動くことに。
そして、事態はダフネ自身の人生を大きく変えることになっていきます。

ミリーの恋の行方が軸かと思いきや、最後にはダフネが!?
どの国でも、いつの時代でも親は子供を心配するもの。
娘が自分に似ているなら、どうにかして自分のように仕事だけの寂しい人生を送って欲しくない…。
親子の絆や葛藤、そして深い愛情が一番の見所でもあります。
ドタバタなラブコメディだけど、ほろっとするところもあってなかなか面白かった~。
建築家の彼は、「実は建築家じゃなくて詐欺師」という設定なのかと思ったけど、それは深読みしすぎだったわ(^^;

女はいくつになっても女を取り戻せる!!

さーて、私もまだまだこれからよ~♪








ぽちっとしてね♪
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。