ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・クリフ PartⅠ(テレビ地上波)

三国志には何の興味もなかったけど、こんなに面白い映画になったとは~!
男達の戦いって本当にカッコイイ。

西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆し、その存在を意識するようになる。そして二人は信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。(goo映画あらすじより)

金城武が孔明とは、これまた驚き。でも不思議と似合う。中国語を喋ってる方が彼らしい気がします、やっぱり。
中村獅童も出てたのね。
そんなことより、なんといっても名優トニー・レオン演じる周瑜の男らしさ! 惚れます。
パート1では(中国史に弱い私は名前しか知らない)赤壁の戦いに至る経緯を描いてますが、戦闘シーンも迫力がある。
痛そうだけど・・・(爆)
現在公開中のパート2への布石といったところでしょうが、それでもこんなにスケールの大きい映画の仕上がりだとは思いませんでした。期待以上です。
長い歴史を誇る中国は、その昔から世界有数の他民族国家であり、多くの民族が建てる王朝が興亡してきました。
その王朝の覚え方は殷から中華人民共和国まで、「もしもしカメよ」の歌に乗せて覚えると簡単ですよ~。(←田中芳樹の『創竜伝』で覚えた)
その中でも歴史マニアに人気が高い三国志。
まだ漢王朝が終わろうとしつつあり、まだ国内が混乱を極めていた頃に台頭してきた曹操と、彼に立ち向かうため兵を起こした劉備、彼の参謀孔明、敵であったが劉備と手を結ぶ孫権、司令官の周瑜。
曹操が徹底的に卑劣な悪党に描かれてて、その他の登場人物をより一層引き立ててるといっても過言ではないでしょう。
男達の生き様と、それを支える女達の芯の強さに、スクリーンから訴える力を持った作品です。さすがジョン・ウー。
パート2も早く観たいな~。パート3が公開する頃にテレビで放送するかな(笑)

あと、地上波で観てたら最後に2の予告がやってたけど、あれはやりすぎ!
ストーリーが見え過ぎて逆に面白くなくなります。
興醒めしたので慌ててテレビを消しました・・・。

むかーしNHKで『三国志』の人形劇をやってたけど、あれはかなりの出来栄えで周囲でも観てる友達が多かった~。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村←ぽちっとしてね♪
スポンサーサイト

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドクリフ Part1

興奮と退屈が,いったりきたり。

「レッドクリフ」:船堀駅前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}何でこんなところにあんなタワーがあるの? {/kaeru_en4/}敵が攻めて来たときに見つけやすいようにじゃないか? {/hiyo_en2/}敵? {/kaeru_en4/}洛陽へ進軍した曹操とかさあ。 {/hiyo_en2/}って、いつの時代のどこの国の話してるのよ。 {/kaeru_en4/}三国志の...

レッドクリフ Part I

 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃいま...

レッドクリフ Part?

『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...

★「レッドクリフ Part I」

今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。

レッドクリフ Part?

曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟...

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。