ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで鑑賞日記 3月編 その2

『下妻物語』



ロリータファッション全開の深キョンと、田舎の「つっぱり」姉ちゃんが似合いすぎて誰だか一瞬分からなかった土屋アンナが可愛くて面白かった!
バカバカしすぎるくらいだけど、最後まで楽しめるコメディです。
あの超ロリータがすっごく可愛い!
結構名の知れたキャストが揃ってるのに、そうは見えないところがまたすごい。
樹木希林がおばあちゃん役で出てます。でもちょっと経たないと分からなかった~。
・・・尼崎、そこまで柄の悪いところではないけどね(笑)


『めがね』



『かもめ食堂』の監督と主要キャストが揃った映画。
見逃したので楽しみにしてました。
相変わらずゆるい空気と、南の島の美しいけどなーんにもない風景。
そこに小林聡美やもたいまさこなんかが入ると、これまた不思議な空気感。
多くの説明をしないので、勝手に想像できてしまいます。
「訳が分からない」ととるか、「変わってるけど何となく居心地が良い」と思うかは分かれるところですね。
どの人物も得体が知れないまま、なんとなく、ただゆるゆると流れていって、最後には以前とは違うところに辿り着くような・・・。
あの何もない島で、ただひたすら「黄昏て」、毎朝砂浜で「メルシー体操」をしてみる!?




『上海の伯爵夫人』




1936年の上海で出会う人々。アメリカ、ロシア、日本からきた外国人・・・。
名匠ジェイムズ・アイボリー監督とカズオ・イシグロの脚本、それにレイフ・ファインズ、真田広之ときたら期待してしまいます。
亡き夫の代わりに一家を養わなくてはならないロシアから亡命してきた伯爵夫人ソフィアと、彼女の働く店に客としてやってきた元敏腕外交官ジャクソンの恋愛を軸に、日本が上海を占領していくまでの不穏な空気を描いています。
真田広之演じるマツダがその元凶であったりするわけですが、「外国人から見た日本人」という雰囲気そのもの。
日本人が演じているのに、どことなく違和感がありました。
でも上海侵攻を「こちら側」から見るのも興味深かったし、当時ロシアから中国、日本なんかに亡命した貴族がたくさんいたことは知ってたけど、こんなつらい暮らしをしてたんだね~・・・。
義理の母や義理の伯母、そして小姑にひとり働かされ、それがクラブのホステスだったから「娘に着飾った姿を見せるな」と遠ざけられたり、夜遅く仕事から帰ってきても寝るベッドが空いてないとか、最後には自分達だけ安全(だと思われる)香港にいくから、危険が迫ってる上海にひとりで残れと置き去りにされるとは。
嫁ってつらい立場なのね、どこの国でも。
一番印象に残ったのは、ソフィアの隣人のユダヤ人。
こんな最果ての国に逃れてきても、ヨーロッパ人からはまた蔑まれなくてはならない現実。
それでもひたむきで優しく、最後にいじわるババ達から娘を取り返すソフィアの手助けをしてくれたのも彼でした。
国のために働く人、国を追われてきた人といる中で、彼らには母国がなかったんだよな。





『春の雪』



三島由紀夫の『豊饒の海』第一部の映画化。
これまた豪華なキャストを揃え、大正の「古き良き」雰囲気たっぷり。
竹内結子は美しいな~。聡子がぴったり! 
ブッキーも最初はどうかと思ったけど、だんだん清顕になってきたかな。
原作を読んでなかったら、意味不明で終わってしまうところだけど、ほとんど変に脚色することなく進んでいったので分かり易かった。
ただ三島の小説では、独白の様な文章が多いので、それを省いてしまうと清顕の葛藤というか、幼い独占欲や狂気、小心さ、臆病、気高さが伝わらないんじゃないかな~。
ミッチーの宮様がハマってて笑ってしまいました。
ドレスや着物、当時の貴族の邸宅を見てるのがとっても好き。松代家の庭・・・原作でどんなに
すごいのかと思えば、あんなにすごいんだ(笑)
しかし、本多は可哀相なくらい友達思いで、いいやつだ!!
(原作では彼がこれから軸となっていくのだね)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。