ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

この映画、『最高の人生の見つけ方』と2本立てでした。
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、豪華な顔ぶれのコメディ映画。
ハリウッドらしいですよね~(^^)
トムはコメディが似合う俳優だと思っているし、ジュリアはこういう華やかな雰囲気が魅力的なので、これも観てみたかったんです。
監督は、『卒業』のマイク・ニコルズ。(『卒業』は母親の好きな映画でした…)

テキサスの下院議員ウィルソンは、女とドラッグと酒を愛する、やんちゃで憎めない男。
ある日、テレビニュースでみたアフガニスタンの報道をきっかけに、かの国を救う一大決心をします。
「テキサスで6番目にお金持ち」のジョアンヌ、上司と喧嘩ばかりのCIAのはみ出し者ガストとともに奔走し、そのプロジェクトを見事に成功させるのですが…。

まずこの映画が実話を基にしていること。今から20年以上前が舞台だということを抑えて観てみると、少し違った見方ができるかもしれません。
米ソの冷戦がまだ現実だったころ、ソ連が共産主義国家で、アフガンに侵攻。非常に多くの難民で溢れる様子が、劇中にも描かれています。
ウィルソンや彼の上司はその現状を目の当たりにし、資金を出す決意をするのです。
当時のことは世界大戦と同じくらい、自分にとって遠い昔の出来事だし、そのニュースを見た記憶もありません。
極秘戦争という言葉も、スパイ映画でしか目にしなかったんですが、これも現実にあったことなんですよね。
政治的な駆け引きも詳しいことは闇の中。
でも、20年経った今、アフガンではテロがひっきりなしに起こっています。
ボランティアの日本人男性が、誘拐の果てに殺害されたのも、つい最近のこと。
ソ連に初めて勝った国。あんなに喜びに溢れていたのに、今はテロが蔓延っている国。
イスラエルとパレスチナ、エジプトといった国の複雑な事情があったのに、チャーリーがそれらを良く説得できたものだなと感心しながら観ていました。
チャーリーは巨額の資金をもぎ取り、アフガンに勝利をもたらしたのに、「アフガンに学校を作る」わずかの資金は手にすることができませんでした。
過ぎてみれば、アメリカにとっては他人事なのかもしれませんが、もし子供達の為に学校が作られていたなら、現代のアフガンはもう少し違っていたのかもしれない…。そう思わずにはいられませんでした。
それにもし、アメリカが介入しなければ・・・。
フィリピンもベトナムも、いろんな国が「言語」やたいせつな文化、自尊心を失わなくて済んだのでは?
アクション映画なら、「ソ連という悪をやっつけて万々歳」。
でも血で血を洗う絶え間ない争いを続いている、暴力は暴力を生むだけなのだと感じさせられる今を思うと、アフガンやパレスチナの平和を願わずにはいられないのです。
ラストは、そういうことを考えてしまって、ちょっと悲しい終わり方に感じました。

あのウィルソンを取り巻く「有能美女軍団」は面白かった~。
電話をかけてたステュって一体誰なのか、それがとても知りたいですね(笑)



関連サイト
http://www.eigafan.com/newfilm/archives/2008/01/charlie_wilsons_1.html
スポンサーサイト

Comment

どっちが 

お邪魔します~♪
>暴力は暴力を生むだけなの
そうなんですよね!暴力で対抗してたら、いつまで
たっても終わらないと思うんですよねぇ(^_^;)

どっちが悪いとかもう解らなくなってるけど、どっちも
妥協しないと、国民が苦しむだけだと思う・・・

目には目を!じゃなくて、喧嘩両成敗って感じで
お互いに歩み寄れないモノでしょうか・・・
  • posted by はっち 
  • URL 
  • 2008.09/22 23:23分 
  • [Edit]

TBありがとうございました! 

lottaさん
今晩は☆★
何度もTB挑戦してみましたが・・・・。はじかれてしまいました(^_^;)ということでコメントにて失礼します。予告編を観たときはこんな作品とは思わず。実は大変な作品だと知り、ちょっと複雑な感じで観たことを思い出しました。トム・ハンクスのキャラのせいなのかもしれませんが。
  • posted by mezzotint 
  • URL 
  • 2008.09/23 20:34分 
  • [Edit]

 

☆はっちさん
こんばんは! 長らくのご無沙汰です。
最初にどっちが手を出したとか、そういう問題でもないし、泥沼になって、どんどん複雑化で止められなくなっているんでしょうか。
ほんと、子供達のためにもちゃんとした国を残してあげて欲しいです。
>喧嘩両成敗
私がガツン!とやってやりたいくらい・・・。

☆mezzotint さん
TBしてくださっていたんですね! なにか調子が悪いのか分かりませんが・・・ありがとうございます。
時々あちこちではじかれたりするみたいですが、なにが原因なのでしょうね・・・。
予告編を観たときは、こんなに重いとは思いませんでしたね! ほんとに。
『トロピック・サンダー』のようなブラックコメディ(この映画もまだ観てませんが 笑)なのかと思ってました。トム・ハンクスはコメディが似合うのに~。

  • posted by Lotta@管理人 
  • URL 
  • 2008.09/23 22:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメディ

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』\'07・米

あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 トム・ハンクスとジュリア・ロバーツという豪華な顔合わせ、そして派手な広告。 すごく面白そうな作品と思いこませた効果は大。 しかし、内容は政治絡みの硬派な作品。 やっぱり社会派では...

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(映画館)

たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

たったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。 お気楽議員が“ハート”と“奇蹟”で世界を変える!!「実話」を基にしたベストセラーを完全映画化!__常識では考えられない「型破り」な物語。 舞台は米ソ冷戦時代の1980年代。トム・ハンクス扮する主人公は、テキ...

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』

監督:マイク・ニコルズ  CAST:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン 他 酒が好きでいつも女をは...

【2008-120】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

人気ブログランキングの順位は? 信じられない物語 でも真実 たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 2008-No30

↓この人がチャラチャラと楽しそうにしている予告を観たから もっと楽しい映画かと思ったら・・・違った。 で、 ワタシはこの映...

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。