ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス:ゴールデン・エイジ

敵は外にも中にも そして私の心にも。

『エリザベス』を観て、ケイト・ブランシェットのずば抜けた演技力に魅せられたのは、ずいぶん昔のことです。
…特にラスト(笑)
歴史の授業で見た肖像画そのまんま!
まさか今になって続編が観られるとは思ってもみませんでした。

エリザベス1世は、ロンドン塔に幽閉される等不遇の時代を終え、イングランドの女王として君臨することを果たしていました。
彼女はプロテスタント。
国内にもカトリックが多く、またヨーロッパの主だった国々はカトリックの王達が治めていました。
イギリス国教会はそもそもエリザベス1世の父ヘンリー8世の創設したもの。
彼女の母アン・ブーリンと結婚するために、アラゴン王女キャサリンとの離婚をローマ教皇に申し出たのですが却下されたために、教皇の圧力から離れて、プロテスタントの国家として独立しようと考えたためです。
当時のイギリスはまだ弱小国家で、百年戦争や薔薇戦争で衰弱した国力を高めるためには、後継者が欲しかったんでしょう、仕方のないことだという説もあります。
でもイギリスは女王を容認する国で、現にメアリーはヘンリー8世の後継者としての地位を与えられていました。
キャサリンとの間には、メアリーただひとりしか生まれませんでしたから、次はメアリーが女王になるはず。
なのに、両親の離婚によって、後継者どころか王女としての地位さえも奪われてしまいました。
一方アンはエリザベスを生みますが、今度はアンが反逆罪でヘンリー8世によって処刑されてしまいます。
この後も次々と新しい妃を向かえ、処刑したりしてしまうとは…。ひどい王です。
母を失ったメアリーとエリザベスは、最後の妃キャサリン・パーによって養育されます。
この継母はとても賢明で優しかったとか。

ヘンリー8世の後を継いだふたりの姉妹の弟エドワード6世が亡くなり、メアリーが女王として即位するものの、熱心なカトリック信者の彼女は、それまでとってきたプロテスタント優遇政策を一変。プロテスタントの聖職者を次々に処刑した為「ブラッディーメアリー」と呼ばれるようになったと言います。
国民からも動揺と反発を招いた、カトリックの女王。
民衆がプロテスタントの統治者としてエリザベスを望むのも、無理のないことでした。
メアリーの死後、エリザベスはようやくイングランド女王として即位します。
即位したものの、まだ解決しない財政難と、その政策により教皇から破門された彼女はカトリックの列強によって命を狙われる危険に晒されていました。
この映画は、そんな頃の物語です。

スペインを筆頭に、イングランドの狙う国は数多ありました。
姉メアリーの元夫でもあるフェリペ2世は、当時「世界随一」の国力を誇り、また王は熱心なカトリック教徒でもありました。
イギリスに逃亡して軟禁生活を送るスコットランド女王メアリー・スチュアート(エリザベスの従姉妹)を正式なイングランドの女王として即位させようと画策していました。
そんな息をつく暇もないエリザベスの前に、ウォルター・ローリーという船乗りが現れ、女王の心を激しく揺さぶっていくのです。

さすがの演技力のケイトに、ただ圧巻です。
あまりにもハマっているので、鬘のないケイトを思い浮かべるのが難しいほど(笑)
物語はロマンスの部分は割とあっさり。
ラストのスペイン無敵艦隊を打ち破るシーンの為に、この映画が作られたんじゃないかな。
ローリー役のクライブ・オーウェン(かっこよかった!)も、戦闘シーンにはあんまり出なかったし…。
ロマンスはどっちかと言うと、ローリーと女王の侍女ベスがメイン?
女王として成長していくエリザベスの姿を描いたものでした。
国を統べる者としての責任の重さ、誰も信じることが出来ない疑心暗鬼の心、許されない恋。
いろんな苦難の末に、圧倒的なカリスマ性で民衆から支持される偉大な女王として君臨するエリザベスの理知的で毅然とした佇まいは、同じ女性としてとても真似できないものです。
彼女のゴールデンエイジ(黄金時代)の幕開けとともに、映画は終わりました。
史実が結構省かれてるので、ある程度歴史を知らないと、なかなか難しい話かもしれません。
うーん、これも消化不良…(^-^;

公式サイト
http://www.elizabeth-goldenage.jp/
スポンサーサイト

Comment

 

こんばんは。
TBありがとうございました。私もお返しさせていただきました。

>ある程度歴史を知らないと、なかなか難しい話かもしれません。

確かに背景的にはそうですよね…。
今からでも遅くありませんよ!って私は思っています。

GWの読書にいいかな?ってね。

  • posted by moriyuh 
  • URL 
  • 2008.04/21 21:53分 
  • [Edit]

こんばんは! 

>moriyuhさん
TB、コメントありがとうございます!
そうですね。今からでも遅くないですよね。
「こういうことだったのか~」と後からでも分かりますし、DVDでもう一度観てもよいですし。

関係ないですが(笑)インディ、ダニカの優勝はすごいですよね!
モータースポーツで女性が勝つなんて、本当に素晴らしい♪
  • posted by Lotta@管理人 
  • URL 
  • 2008.04/24 23:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エリザベス ゴールデン・エイジ

 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ ...

エリザベス:ゴールデン・エイジ

強い信念で近世イギリスを黄金時代へと導く、エリザベス一世が辿った険しい道のり。恋や人情による葛藤、無敵艦隊との対決を描く。 1587年、イングランド。エリザベス1世としてイングランド女王の座を手にしてからも、彼女の奮闘は続いていた。というのも、宮中では依然....

エリザベス:ゴールデンエイジ

二人のベスのファションショー。

エリザベス/ゴールデン・エイジ

前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテ...

エリザベスゴールデン・エイジ(映画館)

敵は、外にも中にも――― そして私の心にも。

2008-10『エリザベス:ゴールデンエイジ』を鑑賞しました。

映画を鑑賞しました。秊 2008-10『エリザベス:ゴールデンエイジ』(更新:2008/03/04) 女王エリザベスの葛藤を、スリリングに描く 評価:★★☆☆☆ 原題は「ELIZABETH: THE GOLDEN AGE」です。 いやあ、2本続けて鑑賞しま..

エリザベス☆ゴールデン・エイジ

英国と添い遂げた女性、エリザベス?世 ? 3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10年あまり...

エリザベス:ゴールデン・エイジ

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 2008年 英/仏 ★★★★★ 来週から毎週と言っていい程、観たい映画が続々と来るので、昨日の夜大慌てで観て きました。 いや~、ケイト・ブランシェットの凄みのあるクイーンっぷりに圧倒されますね。 女として...

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世...

映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】

映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをは...

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

□作品オフィシャルサイト 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」□監督 シェカール・カプール □キャスト ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、 アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン ■鑑賞日 2月17日(日)■劇場 109

★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30~のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん

エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。

今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果…

感想/エリザベス:ゴールデン・エイジ(試写)

なぜだろう、物足りないのは。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2月16日公開。1558年の即位から30年近くの年月が流れたエリザベス1世。彼女の前に現れた航海士のローリーは、「ヴァージン・クイーン」の誓いを立てたエリザベスの女としての一面を刺激。他方では彼女の命...

【2008-38】エリザベス:ゴールデン・エイジ(ELIZABETH: THE GOLDEN AGE)

人気ブログランキングの順位は? 1587 英国(イングランド) 女王エリザベス 彼女は《ヴァージン・クイーン》 大英帝国にすべてを捧げ、 一生独身を通した女王。 敵は、外にも中にも── そして私の心にも。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:大塚二丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}ここが女子大の中でも最難関とされるお茶の水女子大よ。 {/kaeru_en4/}あんな真正面に警備員がいちゃあ、男は入りづらい。最難関て言われるのもわかる気がするな。 {/hiyo_en2/}いえ、そういう意味じゃないんだけど。 {/kaeru_en4/}しかし、男を寄せつけない

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。