ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーク・ザ・ライン 君に続く道

『ウォーク・ザ・ライン 君に続く道』は、今年のアカデミーを賑わせている映画の一つです。
前哨戦となった、ゴールデングローブでは、作品賞、主演男優賞、主演女優賞を獲得しました。
今や伝説となった歌手、ジョニー・キャッシュと、彼を支えたパートナー、ジューン・カーターの実話に基づいたロマンス。
とても見ごたえのある映画でした。


ジョニー役のホアキン・フェニックスは、『グラディエーター』などで観たことはありましたが、こんなにかっこいいと思ったのは初めて(*^-^*)
演技も旨いし、説得力があるというのかな、観ててぐっと惹き込まれます。
劇中でも、うっとりしながら歓声を上げるファンが出てきますが、分かるわ~、その気持ち!
うひゃ~!! 色っぽい~♪
栄光をつかむ一方で、薬におぼれる役でしたが、ちょっと複雑な気持ちになりました・・・。
でも、もうお兄さんを超えましたね。存在感のある俳優です。

コメディーの女王、リーズ・ウィザースプーンも、芯の強い女性を魅力的に演じてました。
すごく美人というわけじゃなんだけど、愛嬌があって印象がとても美しい女優だと思います。
今やジュリア・ロバーツを抜いて、ハリウッドで一番高額のギャラを獲得してるそうですよ。
売れっ子になったな~!

ホアキンとリーズの歌唱にも、驚きました。
この映画では、主役の二人が歌手とあって、実際に吹き替えなしで歌っています。
こんなにうまいとは思ってなかった・・・。
カントリーは聴いた事があまりないんですが、二人の歌はよかったですよ。
特にホアキンの声がセクシーで(笑)←ここ重要。

初恋のひとを思いながら、10年以上片想いをし、40回以上もプロポーズを断られ、それでも一途なジョニーと、彼を拒みながらも懸命に支え続けるジューン。
二人にはそれぞれ辛い経験があり、すれ違い、困難を乗り越えて、強い信頼で結ばれます。
観たあとに溜息が漏れる、素敵な物語でした。

いよいよ来週、アカデミーの発表ですね!
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。