ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくを葬る

前作がイマイチだった、フランソワ・オゾンの新作『ぼくを葬る』を観ました。
これが面白かった! 
オゾン自身を描いたといわれています。オゾンらしい、美しい映画でした。

主人公は、31歳の写真家・ロマン。同性愛者で、家族と、特に姉との折り合いが悪く、仕事にもフラストレーションを抱えた若者。
そんな彼が、突然余命3ヶ月の宣告を受けます。


恋人にも別れを告げ、家族にも病気を秘密にしたまま、孤独の中で彼は自分自身を見つめあい、平穏を得ていく様がリアルに描かれています。
ロマン役のメルヴィル・プポー が、また男前! うっとり見惚れてしまいました(^-^;

彼が唯一、秘密を打ち明ける祖母役に、伝説的大女優ジャンヌ・モローが出演していました。
彼女もほんとに歳をとったな~。すっかりおばあちゃんです。
でも甘えたところがなく、かっこいいおばあちゃんでした。
なぜ自分に打ち明けたのか、という祖母の問いに、ロマンはこう答えます。

「僕と似てるから。もうすぐ死ぬところが」

笑うに笑えないセリフなんですが、泣けます。
祖母にとって、自分よりずっと若い孫の方が早く死ぬなんて、ものすごくつらいことでしょう。

死に向かっていく物語ですが、同時に強い生を浮き彫りにしています。
あと3ヶ月しか生きられないとしたら、自分は何をしたいのか。何を残せるのか。どう行きたいのか・・・。
彼は、愛するがゆえに、家族とも恋人とも距離をとって病魔と闘いましたが、最後には姉とも仲直りをし、穏やかな顔つきに変化していく様子が、胸を打たれました。
映画の中に何度も登場する、子供の頃のロマンが、彼自身を引っ張っていきます。
なにげない風景を写真に撮る場面がありましたが、彼が何を見ていたのか、興味をひかれました。

そして、最期に彼が望んだ、ある決意・・・。
人間の本能が垣間見えました。ああ、そうなのか、と。

ラストシーンはあまりにも美しく、印象に残る画でした。
エンドロールは、波の音だけ。切ない映画でした。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。