ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド93

2001年9月11日に起こった出来事は、まだ生々しく、そしてどこか非現実的な感覚で覚えてます。ワールドトレードセンターに追突した2機の飛行機、ビルから落ちる人々。
映画を観ているような感じで、ニュース映像に釘付けになりました。
特に2機目は、まさに全世界でその瞬間を目撃するのですから、その衝撃はものすごいものだったはずです。
そして、ペンタゴンに1機が墜落。
第二次世界大戦でも国を焼かれなかった、アメリカに一体何が・・・。

そして、この『ユナイテッド93』は、4機目のハイジャック機の物語です。



こうした「真実の物語」は、脚色で持ってありのままを語ることは少ないものです。
でもこの映画は、あらゆる虚飾を取り払い、淡々と物語を進めていきます。
離陸から墜落まで、同じ時間を。
これが本当に真実なのか、今となっては分かりません。
これにはいろいろな説があるのも確かです。

ただ、1機だけがターゲットに到達していないのは事実です。
そして、多くの命が失われたこと。日本人もいます。
普通に暮らしてた人々が、自分の死を思い、愛する家族や恋人に最期の電話をかけ、別れを告げる。
ものすごく差し迫るものがありました。
乗客たちが協力し合い、ハイジャック犯から機を奪還しようと勇気を振り絞るシーン。

あまりにも生々しくて、恐ろしくて、涙も出ないくらいショックでした。

キャストの中に、"as himself"の文字がちらほらありました。それも感慨深いものがあります。

これは間違いなく「真実」の物語です。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。