ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善き人のためのソナタ

1984年の東ドイツ。社会主義のもと、国民を恐怖で忠誠を誓わせ、ひとり一人を完全に監視し支配していた暗い時代。
その中枢を担っていたのが、シュタージという組織でした。
そこに所属するヴィースラーは、上官グルビッツから「劇作家ドライマンとその恋人、女優クリスタを監視せよ」という命令を受けます。
彼自身、ドライマンは反体制のにおいを嗅ぎ取り、怪しいと思っていた人物。
優秀な監視員だったヴィースラーは、ドライマンの家中に盗聴器を仕掛け、昼夜監視し続けます。
ドライマンの周りには、反体制の芸術家達がひしめいていましたが、国家に職を剥奪された演出家イェルスカから、誕生日に一冊の楽譜を贈られます。
その直後、イェルスカは自殺をしてしまうのです。
それが『善き人のためのソナタ』でした。

「この曲を本気で聴いたものは、悪人になれない」

その言葉とともにこの曲は、ヴィースラーにとって催眠術のような変化をもたらすのですが・・・。


一方、イェルスカの自殺にショックを受けたドライマンは決意をします。
この国家の現状を、西側のメディアを使って世界に告発する事を。
それは多くの危険を伴い、自分や恋人の命さえも奪いかねない賭け。
それを知ったヴィースラーは、上官への報告をする手を止め、見逃してしまいます。
この「善き事」が動かす、ヴィースラーとドライマン、恋人クリスタの運命。

この映画で感じたのは、まずほんの十数年前にこんな国家が存在し、戦争に負けても尚ナチスに匹敵するようなシュタージという組織があった事実への衝撃でした。
しかしそれよりもリアルだったのは、善い事をして、ドライマンを救ったはずのヴィースラーだったのに、クリスタの死によってやるせなさがどうしても消えない事。
恋人を裏切った後悔を抱きながら死んだクリスタは、国家が生んだ悲劇だったに違いありませんが、全てがうまくいく寸前で、かみあわなくなった歯車が生んだ悲劇が最後まで苦く残ります。
シュタージは、愛する人でさえ守れない、無力な人間に変えてしまう力を持ち、人間としての尊厳を奪ってしまう。
どれだけ多くの「声なき犠牲者」がいたことでしょう。

今でも大きな遺恨を残すドイツの暗い過去。
統一されて、自由になったはずなのに、幸せになりきれない旧東側の人々が数多くいるのは事実です。
しみじみといろんな事を考えさせられる秀作でした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。