ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる

やっと『ゆれる』を観ました。

母親の一周忌で田舎に帰った著名なカメラマンの猛は、久々に家族と再会を果たすが、父親とは相変わらず険悪なムードのまま。
そんな二人をとりなしたのが、兄の稔でした。
ガソリンスタンドを経営する父の後を継ぎ、優しく温厚で腰の低い彼は、猛とは正反対。
母親の葬儀にも来なかった弟を、温かく気遣ってくれました。
幼い頃の思い出がつまった渓谷へと誘いますが、猛は昔の事を覚えていませんでした。
稔の店で働く幼馴染みの千恵子と再会しますが、兄には内緒で彼女のアパートへ上がりこむ稔。
稔が千恵子に好意を寄せていると知りながら・・・。
夜遅く帰宅した猛を待っていた稔は、猛にある嘘をつきます。

翌日、千恵子と兄弟はいろんな思いを隠しながら、蓮美渓谷へと向かいます。
ひとりはしゃぐ稔の耳に届かないところで、千恵子は猛と一緒に東京へ行き退屈な人生から抜け出したいとけしかけますが、あっさりとかわされてしまいます。
ひとりで吊り橋を渡っていく猛。
更にそれを追いかけた千恵子でしたが、橋の途中で稔にしがみつかれ、彼の手を思い切り振り払ってしまいます。
猛がふたりの姿を見た瞬間・・・。
千恵子は激流に流され、命を落としてしまいました。

不幸な事故だったと決着がついたある日、稔は店で客に逆上し、取調べを受けた警察で「自分が千恵子を殺した」と言ってしまい、逮捕されます。
兄の無実を信じていた猛は、弁護士の伯父に依頼し、兄を救おうとしましたが、稔はそれまでとは違った顔を見せ始め・・・。

裁判の過程で見え隠れする、今まで身近すぎて気にもしなかった家族の本当の気持ち。
吊り橋のように危うく揺れ動く心が、自分の見たものまでも歪めてしまうのか・・・。
疑いで曇った目には、真実は「真実」として認識されるのか、正直私も分かりません。
見えるものの姿はひとつでも、それを捉える方法も人それぞれ。
心を揺さぶられる、まさにそんな映画です。

そういう人の心理の微妙さを、見事に描いたドラマでした。
主演のふたりの演技が、とても素晴らしい!
オダギリジョーが、こんなにいい俳優だとは思った事ありませんでした(^-^;
香川照之は、こういう「温厚そうだけど怖い」男性を演じたら天下一品。
欲を言えば、もうちょっと千恵子とのことを描いて欲しかったな。

評判どおりのいい邦画でした。
ラストシーンが泣けました~!
とにかく、機会があったら観て下さい。

しかし、なんでキム兄が検事役?(爆)
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。