ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッチポイント

愛に負けるか、欲に勝つか。
それでも人生は、運が決める・・・。

ウディ・アレンなのに、今まで観た彼の作品とは、一味も二味も違う『マッチポイント』。
スカーレット・ヨハンソンが出ていたので、気になって観ました。
監督自らが出演してない! 
しかも、舞台がN.Y.でなくロンドン!?
加えて、コメディでもなく、セリフもいつもより短め(爆)

元テニスプレイヤーのクリスは、会員制クラブのコーチの職を得、そこで上流階級の御曹司トムと知り合い、ロイヤルオペラへ誘われます。
そこで紹介されたトムの家族にも好印象を与え、とりわけ妹クロエに見初められ、彼女と交際する事になります。
貧しい生活から抜け出すため、アイルランドを出た向上心の強い青年に訪れる願ってもいないチャンス。
トムの婚約者で女優の卵、アメリカ人のノラに惹かれながらも、クリスは人生の幸運を手にするため、クロエと結婚します。
義父の経営する一流企業でも順調に出世し、絵に描いたようなリッチな生活を送るクリスでしたが、子供を欲しがるクロエに煩わしささえ感じるようになったとき、ノラと再会。
妻と愛人との二重生活を始めてしまいます。



ノラとの愛に溺れながらも、社会的な地位と財産をどうしても捨てられないクリスでしたが、なんとノラとクロエがほぼ同時に妊娠。
うろたえるクリスは、やがてとんでもない結末を思いつき・・・。

コミカルで自虐的な雰囲気はなりをひそめ、深遠で皮肉のきいた上品なサスペンスに仕上がっています。
クリスはなんてひどい男だったんだろう(>_<)
野心家なのも男の魅力ではある。
やっとの思いで手に入れた地位が、捨てられないのも分かる。
でも、なんだか度量の狭い男だよ・・・。
妊娠したノラが離婚を迫る気迫に、たじろぐのも無理ないけど(^-^;
ラストはびっくりでした! いろんな意味で・・・。
「罪の意識を背負いながらも、形だけは完璧な人生」って、一体何の意味があるんでしょう。

上流社会の時代に取り残されたような優雅な生活ぶり。
ジェーン・オースティンの頃とそんなに変わってないんじゃないのかも?
ロンドンの街並や、とりわけテートモダンが懐かしかったです。
クロエがあそこで迷うのもよく分かる。展示物は意味分からないけど(笑)

人生って、確かに運も大事だけど、それだけじゃ中身も味もないものになっていくと思うのは、単なる僻みなのかしらん(爆)
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。