ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ、ジュテーム

『パリ、ジュテーム』というタイトルからして、もっと甘々で「おフランス」な映画を期待してたのに、意外でした・・・(^-^;

世界中の旅人を魅了して止まないパリ。
パリにはいわゆるパリジャンやパリジェンヌだけでなく、いろんな国の人々が集う街。
それぞれの街角で、それぞれが見せる、それぞれの形の「小さな愛の物語」。

18人の監督が撮るオムニバス形式の映画です。ちょっと苦手なこの手の映画。
やっぱり懸念したとおり、面白いものとそうでないものの差がありすぎて、最後のほうにはお腹いっぱいになっちゃいました(爆)
キャストも監督もとにかく豪華。
ナタリー・ポートマン、ジュリエット・ビノシュ、ファニー・アルダンが出てるのは、結構面白かったですね。
個人的には、ジェラール・ドパルデューが割と好きなので、思わず笑ってしまいました。
アラブ人の女の子は可愛かったし、コーエン兄弟の作品と、パントマイムのカップルの話は、劇場中が笑いの渦でした(笑)
でも、イライジャ・ウッドのはなんだか・・・ちょっといただけません(好きな方には申し訳ないんですが)
なんであれがパリで???
マギー・ギレンホールはどの映画でもあんまり好きなタイプじゃないのがな・・・。

パリ全20区のうち、18区までが上映されたんですが、あとの2区も実は撮影されてるとかいないとか。
どうして全部上映されなかったんだろう。
一話があまりにも短すぎて、ちょっと消化不良でした。
期待したおバカで笑える「おフランス」もそんなになかったし・・・。残念だなぁ。
そっか、「外国人が主役」なんだから当然だ。納得。

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。