ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブソングができるまで

まさにラブコメの王道!!
『ラブソングができるまで』を観てきました。
ヒュー・グラントの映画はかなり観てるので、今回も期待を持ってました。
いや~、想像以上でしたわ。

ストーリーは先も読めてしまうので、あえて多くは語りません。
ヒュー演じるアレックスは、80年代に一世風靡した「ポップ」の元ボーカルで、昔の光今いずこ。
歌姫コーラから彼に「新曲を作って」と大きなチャンスが舞い込むが、作詞の才能はゼロ。
そんな彼の前に、植木係としてやってきたソフィーが現れる。
一緒にラブソングをつくるうちに…。

と、まあこんな感じ(笑)
最初からヤマも想像できてしまう(嫌な感じの観客 爆)んですが、この映画の見所はそんなところじゃありません(^-^;
冒頭からやってくれます。ぐふふ。必見です。

ヒューの”腰振りダンス”が!

まさにラブコメの王道!!
『ラブソングができるまで』を観てきました。
ヒュー・グラントの映画はかなり観てるので、今回も期待を持ってました。
いや~、想像以上でしたわ。





ストーリーは先も読めてしまうので、あえて多くは語りません。
ヒュー演じるアレックスは、80年代に一世風靡した「ポップ」の元ボーカルで、昔の光今いずこ。
歌姫コーラから彼に「新曲を作って」と大きなチャンスが舞い込むが、作詞の才能はゼロ。
そんな彼の前に、植木係としてやってきたソフィーが現れる。
一緒にラブソングをつくるうちに…。

と、まあこんな感じ(笑)
最初からヤマも想像できてしまう(嫌な感じの観客 爆)んですが、この映画の見所はそんなところじゃありません(^-^;
冒頭からやってくれます。ぐふふ。必見です。

ヒューの”腰振りダンス”が!


80年代なんて、私にはよく分からない時代。
記憶にあるのは、「ニューキッズ」くらいから(笑)
でも、あのヒューの前髪とダンスがおかしいのなんのって。
『モーリス』の頃の面影は…?(爆)
爆笑ものです。最後まで笑えます。
すっかり冴えない色男の似合う彼と、ソフィー演じるロマンティックコメディの女王ドリュー・バリモアのエキセントリックな愛らしさに、とっても癒されます。
彼らを取り巻く人々も、アメリカ映画にありがちな独善的な人もいないし、変わってるけどロマンチストばかりで、リラックスして観られました。
でもコーラの、「ブッダの悦び」って何ですか…。罰が当たりますよ。
あれは、開いた口がふさがりませんでした(-_-;

監督が『トゥー・ウィークス・ノーティス』のマーク・ローレンスだと知って納得。
あの映画も面白かった(かなり身につまされることがあったけど)。
こんなに苛々することがなく楽しめるコメディって、なかなか少ないです。

80年代ポップスを知ってたら、もっと楽しめたのかもしれませんね。悔しいっ(>_<)
でも、音楽ってすごいな~。
ラストシーンは笑えるんだけど、じーんときます。
歌って素敵! 
それがこの映画を魅力的にしてる大きな要因だと思います。
ヒューは歌ってもいい男だ(笑)
あんなふうに歌って口説かれたら、もうグラグラです~ぅ(ほんとかっ!?)
また、ちょっとダサいヒューのダンスを見たい☆
ハッピーな気分になれる映画でした。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。