ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルベール 〈帰郷〉

もう一度、人生を愛するために・・・。
久しぶりのペドロ・アルモドバル作品。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』 に続く最終章『ボルベール〈帰郷〉』。

両親を火事でなくし、故郷ラ・マンチャにひとり残る最愛の伯母を心配しつつ、一人娘と失業中の夫を懸命に支えるライムンダ。
そんな彼女に、娘パウラの起こしたある事件が降りかかります。
必死にそれを隠そうとする最中、更に伯母が亡くなったという知らせが舞い込み・・・。
一方、葬儀に行けないというライムンダの代わりに、伯母の隣人アウグスティナと共に葬儀を任された姉のソーレは、死んだはずの母親を見たという村人の噂を耳にします。

この監督は、女性を描くのにかけては天下一品。
描写が丁寧でリアルで、とても美しい!
男性なのに、どきっとするくらい女性の真理が分かるというか・・・。

主演のペネロペ・クルスは今までで一番輝いてます。
自分と同じ衝撃的な出来事が、自分の娘にも降りかかろうした因縁。
必死に娘を守ろうとする母性を、こんなに魅力的に演じることができるんですね。
彼女は、ハリウッドよりスペインの方が生き生きしてます。

この映画に出てくる女性は皆それぞれ、たくましくてパワフル。
ライムンダがタンゴの名曲『ボルベール』を歌うシーンも、胸に迫ります。
(もっとも、一見して吹き替えだと分かるのだけれど)
母親が教えてくれた歌。
ある事件をきっかけに、隔たってしまった母。
母として娘を守る立場になったからこそ沸いてくる母への想い。
複雑だけれど痛いくらい伝わってきます。
そんなエレジーは、ぐっときます。
愛する家族がいる場所が、帰るところ。
ライムンダの母としての愛は、大きな葛藤の中で生まれたものだと思うと、いっそう感銘を受けます。

今を懸命生きる女性たちの生き様は、ものすごくエネルギッシュなんだけれど、潔い。
なにがあっても笑って吹き飛ばす、大らかで眩しい太陽のような女たち。
ラ・マンチャといえば男、ですが、女もものすごいです。
まっすぐなしたたかさが、愛しいくらい。
女として、見習いたいところがたくさんあります。
(どだい無理な話だけど 笑)
全ての女性に見て欲しい素敵な映画でした。

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。