ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶

私の大・大・大好きなマルチェロ・マストロヤンニ。
誰もが愛さずにいられなかった、世界のラテンラヴァー。

私の大・大・大好きなマルチェロ・マストロヤンニ。
誰もが愛さずにいられなかった、世界のラテンラヴァー。





『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』と題して、没後10年を記念し、バルバラとキアラの二人の娘を中心に、彼に関わった人々が彼を懐かしむ映画が公開されています。
実に160本を超える映画と多くの舞台で活躍し、世界中で愛された稀代の俳優。
私は、彼の歳の取り方が素敵だと思っています。
妙に若く見せることもなく、そのまま年齢を重ねていって、おじいさんになった時にはとても可愛く映りました。
でも、若いときも歳を取ってもあんなにたっぷりの男の色気~、きゃ~♪

怠け者と言われながら、実は仕事がないと不安になるくらい繊細で、結婚してからも数々の女優と浮名を流し、最後には振られてしまう優しい性格。
驕りや名声にふんぞり返ることなく、常に謙虚だったマストロヤンニは、だからこそ多くの国々で受け入れられたのでしょう。
しきりに「田舎者だ」といわれてましたが、その素朴な感じがまたいいんだな、これが。
私もメロメロです(笑)

映画の中では、今まで知らなかったことも語られます。
思わず笑ってしまったのは、意中の女優とキスしたいが為に、わざとNGと出して何度もテイクを重ねたこと。
まるで少年のやることみたいです。
まあ、そんなことも相手が彼なら本気で怒る女性なんて、あんまりいないでしょう。
そういう男性は、稀だな~。
キアラも劇中で語ってたように、声が独特で好き。
その声で歌も歌ってましたね~。

160余本んもうち、私が観たのはほんの数分の一に過ぎません。
どの映画も全然違う内容で、異なった役柄。喜劇から悲劇まで、実に様々な役を演じていました。
どんな映画でも、彼が立ってるだけで様になることを、とても驚きながら観たのを覚えています。
それはたぶんテオ・アンゲロプロスの『こうのとり たちずさんで』だったかな。
遺作となったマノエル・ド・オリベイラ『世界の始まりへの旅』が、彼の作品を初めて劇場で観た映画でした。
まだまだDVDになってる映画も少ないので、もっともっと出して欲しい!
特に一番のお気に入り『マカロニ』。
ジャック・レモンと共演した良い映画なのに、なんでなんだろう。日本でも大ヒットだったのに。
DVDが出たら、ちゃんと手元に置いておきたいと思ってます。

私の理想の男です。堪能しました♪

思わず本やらパンフやらポストカードやら買っちゃいました。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。