ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Archive [2007年04月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

フラガール

人生には降りられない舞台がある日本アカデミー賞を始め、数々の賞を総なめにした『フラガール』。観たのはかなり前なので、今更ですが(^-^;映画の前に、あるテレビ番組で「常磐ハワイアンセンター」とフラダンスを習った少女たちが紹介され、期待を持って観ました。評判通りいい映画でした!地味な映画なはずなのに、口コミでロングランになった映画、もう観ましたか?映画を知らなくても、実話の方を知ってる方もいることで...

サン・ジャックへの道

人生って、捨てたもんじゃない。『サン・ジャックへの道』とは、フランスのル・ピュイからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500キロ続く悠々とした自然の美しい巡礼路。世界遺産にも登録されたところで、熊野古道の姉妹路なんだそうです。この旅の主人公は、仲の悪い三兄弟。母親の遺産相続で弁護士に呼び出されるまで、ろくに連絡も取ってなかった三人なのに、なんと「巡礼路を三人で歩くこと」が相続の条件。ピエ...

ママの遺したラヴソング

「人は一度しか死なない。しかも永久にだ」『ママの遺したラブソング』を観ました。ストーリーよりスカーレット・ヨハンソンが好きなので(^-^;フロリダで、高校にも行かずにだらだらしてたパースレーン(パーシー)は、同居するろくでなし(死語?)の彼氏から母親の死を知らされ、生まれ故郷に戻ります。彼氏に見切りをつけて(爆)ニューオーリーンズの故郷は、パーシーには知らぬも同然の地。すれ違う人は皆、母ロレーンの...

パリ、ジュテーム

『パリ、ジュテーム』というタイトルからして、もっと甘々で「おフランス」な映画を期待してたのに、意外でした・・・(^-^;世界中の旅人を魅了して止まないパリ。パリにはいわゆるパリジャンやパリジェンヌだけでなく、いろんな国の人々が集う街。それぞれの街角で、それぞれが見せる、それぞれの形の「小さな愛の物語」。18人の監督が撮るオムニバス形式の映画です。ちょっと苦手なこの手の映画。やっぱり懸念したとおり、面白...

今宵、フィッツジェラルド劇場で

30数年続いてきたラジオ番組『プレイリー・ホーム・コンパニオン』の最後の夜。一癖も二癖もある人々が、いつもと同じように楽屋入りをします。司会者のキーラー、ヨランダとロンダの姉妹デュオ、自殺の詩を書くヨランダの娘ローラ、下品なジョーク好きのカウボーイコンビ・ダスティとレスティ、探偵気取りのボディーガード・ノワール・・・。ただいつもと違うのは、ラジオ局が買収され、今夜が最後の公開生放送だということ。豪華...

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。