ロッタの映画日和

地味~に更新中? 最近は映画館通いも倹約中。。。

Archive [2007年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

007/カジノ・ロワイヤル

今回で21作目となる「007」シリーズの最新作『007/カジノ・ロワイヤル』は、昔パロディ映画みたいなので撮られましたね。面白くなかった記憶があるけど・・・。"00"になったばかりのジェームズ・ボンド。ダニエル・クレイグが抜擢された時、あまりのショックに卒倒しそうになりましたが、観てみるとどうしてどうして。素敵すぎます~♪あの鍛えた体と、ブルーアイズにうっとりしました。セクシーだわ~!なにしろ、小学生の時に初めてテ...

リトル・ミス・サンシャイン

『リトル・ミス・サンシャイン』は、チビッコのミスコンを中心に繰り広げられる、「かなり変な家族」の崩壊と再生の物語です。黄色いバスに乗って、延々とカリフォルニアを目指すフーヴァー一家。目的は、オリーヴの「リトル・ミス・サンシャインコンテスト」。家族揃って意気揚々・・・のはずが、見事にバラバラ。まず父は「9段階の云々」と持論を引き出し、何でも勝ち負けにしてしまうデリカシーに欠ける人。ニーチェに傾倒した兄...

幸せのちから

全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。それが『幸せのちから』です。「われわれは、自明の真理として、すべての人は平等に造られ、造物主によって、一定の奪いがたい天賦の諸権利を付与され、その中に生命、自由および幸福の追求のふくまれることを信ずる」トマス・ジェファソンのアメリカ独立宣言にある言葉です。物語の中で、主人公クリスは疑問に思います。「幸せの”追求”?」幸せそのものではなく? ...

敬愛なるベートーヴェン

孤高の音楽家ベートーヴェン、歴史に隠されたもう1つの物語。“第九”誕生の裏に、耳の聴こえないベートーヴェンを支えた女性がいた」『敬愛なるベートーヴェン』。これは架空の物語です。けれども、ベートーヴェンの音楽に偽りはありません。有名な交響曲第九番の初演を控えたベートーヴェン(かなりの悪筆で有名)の写譜を手伝う事になった、作曲家志望のアンナは、「女なんぞ!」と激昂する彼にひるむことなく、彼に正面から向か...

左サイドMenu

プロフィール

Lotta

Author:Lotta
コメント、TB大歓迎♪ リンクフリーです。

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。